介護保険とは

介護予防とは

介護予防とは

高齢化が進み、介護が必要な高齢者の方々が増加しています。そのうち、特に要介護度が軽度(要支援1、2)の方が増加しています。軽度とは「要介護状態までにはいかないものの、家事や身の回りの支度などの日常生活に支援を必要とする状態」をいいます。

要介護度が軽度の方々が要介護状態になる原因としては「高齢による衰弱」「関節疾患」「骨折・転倒」等が約半数を占めていると言われております。

膝や腰を痛めた方、骨折などを起こした方は、体を動かす機会が減ってしまうことがあります。それが原因で、筋肉が衰えたり骨がもろくなったりして、体の機能が低下して動けなくなり、介護が必要になる危険性が高まります。

様々な方法で体の機能低下を防ぎ、要介護度を進行させないこと。それが「介護予防」の考え方となります。

介護予防の取り組み

体の機能が少し弱くなっている高齢者にできる限り自立した生活を送れるように応援いたします。
運動機能の向上・栄養改善・口腔機能の向上などのサポートで体の衰えの進行を抑え、健やかな生活を送れるようにいたします。

大切なことは「早期発見・早期対応」です。
つまり、体の機能が弱くなっているのを早く見つけ、介護サービスを利用する前に弱っている機能を回復させることです。

ケアサービス北勝館の介護サービス一覧